想像よりも簡単完了!小顔整形【施術を受けた後の副作用も殆どない】

想像よりも簡単完了!小顔整形【施術を受けた後の副作用も殆どない】

顔に触れる女性

治療法はたくさん進出中

美容外科の小顔矯正にはボトックスやエラ削りなど、悩みや症状別に治療方法が用意されています。より自分の理想に近い治療を行なってくれるベテラン医師がいるクリニックを選択することで、治療後に高い満足度を得ることができるでしょう。

ウーマン

フェイスラインを理想形に

フェイスラインが美しく整った小顔は、多くの人の憧れです。そんな小顔を実現するために、大きな力となってくれるのが美容整形です。クリニックで受けることができる小顔治療の種類、そして気になるダウンタイムについてわかりやすくお話しします。

男性医師

顔を小さくするために

小顔整形をする時は、まずカウンセリングを受けてから必要な手続きをしてから施術することになります。プチ整形は日帰りが可能ですが、外科手術の場合は入院することになるかもしれません。価格はプチ整形の方が安く、外科手術の方が高い傾向があります。

ウーマン

不安や希望はちゃんと言う

小顔整形治療の第一歩は、医師とカウンセリングを行なうことです。ここで悩まされている症状の原因を特定したり、医師との美的価値観のズレを確認します。もし切る治療が怖い場合は、切らない小顔整形もあるので事前に医師に伝えましょう。

短時間でできる整形手術

カウンセリング

効果を得られる手術の特徴

人間の顔の大きさは骨の影響が強く受けるので、根本的に解決するためには骨を削らなければいけません。骨の整形手術をすると大きな傷跡ができやすく、入院の必要もあるため簡単ではないです。小顔整形の施術では骨に対して行うものもありますが、筋肉に影響を与えて治す方法も選べます。短時間でできるやり方なので負担が小さく、傷跡のも残らないため安心して利用できる方法です。筋肉に対して行う小顔整形のやり方は、エラの部分に注射をして問題を解決します。注射に含まれている成分は細菌の毒を使ったもので、筋肉を麻痺させて柔らかくし目立たない状態に変えます。細菌の毒には人間に害を与える成分が含まれていますが、十分に薄められているので安全です。細菌も取り除かれているため感染の可能性もなく、安心して受けられる治療法です。顔を小さくするためには本来ならば骨を削るなどの、大掛かりな手術を行わなければいけません。注射で行うやり方ならばそのような手間もなく、施術を受けた後の副作用も殆どないので安心です。メスを使わない整形手術ですけど効果は高く、半年程度は小顔な状態にできるのでメリットがあります。ある程度効果が弱くなってきたら、また注射をすればよい状態に変えられます。美容外科では顔を小さくする施術も可能で、簡単にできる方法も多くスッキリした形に変えられます。大掛かりな方法としてはアゴの骨を削って、根本的に問題を解決できるやり方もあります。アゴの骨を削ると骨格そのものが変わるので、一度手術をすれば顔を小さな状態にできます。十分な効果を得られる施術ですけど、費用がかかりやすく体に負担がかかるので注意もいります。注射で行うやり方はエラの部分の筋肉に対し行い、硬直した部分を柔らかくして小顔にします。特別な成分を使っているので費用はかかりますが、数十分程度で終わるので負担が殆どありません。頬の部分の脂肪が気になっている方ならば、脂肪吸引手術をして解決するのも可能です。少量の脂肪を取り出すだけなので体の負担は小さく、調整しながら行うので問題が起こりづらいです。小顔整形で利用できる施術には複数の種類があって、その人の問題に合わせたプランを選べます。複数の方法を合わせて選ぶのも可能で、理想的な顔の形に変えるのも難しくありません。顔を小さくする施術を受ける時は利用できる、治療法の違いを知っておくと選びやすくなります。自分の特徴に合わせたものを選べば、気になっている顔の大きさを良い状態に変えられます。