フェイスラインを理想形に|想像よりも簡単完了!小顔整形【施術を受けた後の副作用も殆どない】

想像よりも簡単完了!小顔整形【施術を受けた後の副作用も殆どない】

フェイスラインを理想形に

ウーマン

治療方法と施術後について

美しく整ったフェイスラインは、美女・美男の大切な条件のひとつです。もちろん、目・鼻や口などのパーツも重要なポイントですが、それらを収める顔の輪郭は全体的な印象を大きく左右します。そのフェイスラインについて、多くの人の憧れの対象となっているのが小顔です。不必要な脂肪・筋肉や骨格の乱れが少ない小顔は、美しさの決め手となるものです。ただ、生まれつきのものだからとか、年齢を重ねれば仕方がないと感じている人も多いでしょう。しかし、あきらめることはありません。美容整形を利用すれば、そんな悩みも解消することができるのです。美容整形のクリニックで受けることができる小顔には、大きく分けて2つの種類があります。簡単に言えば、切る方法と切らない方法です。切る方法とはいわゆる外科的な手術のことで、余分な骨や脂肪・筋肉などを直接削り取る治療です。一方、切らない方法では主に注射が利用されています。具体的には、ヒアルロン酸やボトックスといった薬を注入することで顔の輪郭を整えたり、あるいは脂肪を溶解したりすることができます。本格的な美容整形である手術と痛みが少なく手軽に効果が得られる注射、どちらも多くの人から支持を得ている人気の治療です。その他にも、特殊な管を使った脂肪吸引など、美容整形のクリニックでは小顔のためのさまざまな治療を受けることができます。小顔など、美容整形の治療で気になるのがダウンタイムです。ダウンタイムとは、手術や注射の後で治療した部分の傷や外見が元の状態に回復するまでの期間のことです。美容整形は基本的に安全なものですが、顔や身体を傷つけるものである以上、手術前と同様の生活を送るまでにはある程度の時間が必要になります。一般的に小顔整形の手術では、腫れが引いて傷が治癒するまでに数週間から数か月程度がかかります。手術直後には入院を要する場合もありますし、その後もしばらくはできるだけ安静に過ごすことが大切です。入浴やメイクなど、日常生活に制限を受けることもあるでしょう。一方、注射による切らない治療では、個人差はありますが傷跡の心配は無用で腫れもほとんどありません。ダウンタイムは1日程度で、治療後はすぐに元の生活に戻ることができます。このように同じ小顔の治療であっても、ダウンタイムの過ごし方は大きく異なります。しかし、どちらも特に人の目に触れやすい顔に対する治療であることに変わりはありません。アフターケアについては、医師の指導をしっかりと守ることが大切です。また、患部への刺激はできるだけ避けるよう注意し、睡眠や栄養をたっぷりと取って早期の回復に努めましょう。