不安や希望はちゃんと言う|想像よりも簡単完了!小顔整形【施術を受けた後の副作用も殆どない】

想像よりも簡単完了!小顔整形【施術を受けた後の副作用も殆どない】

不安や希望はちゃんと言う

ウーマン

切らない選択もある

小顔矯正治療を始める際、まずはカウンセリングから始まります。このカウンセリングには、患者さんが悩んでいる症状の原因を特定し、どんな治療方法が一番効果が高いかを検討する目的があります。小顔矯正治療にも種類があり、原因がエラであればボトックスやエラ削り、脂肪であれば脂肪吸引など、用途別に方法は使い分けられます。治療方法によって治療計画も大きく変化するため、療養に使える日数や予算などが決まっている場合は、この時に伝えておくことをおすすめします。また、このカウンセリングでは医師とコミュニケーションをしっかりとることが肝心です。性格的な相性や小顔矯正に関する美的センスが自分に近いかを確認することで、起こるかもしれないトラブルを回避できるかもしれないからです。起こるかもしれないトラブルとは、仕上がりへの不満です。特にエラ削りなど顔にメスを入れて調整を行なうような治療方法ですと、医師が美しいと考える形で調整されることが多いです。その美的価値観が患者さんのそれと異なっていると、医師自身は美しくなったと感じていても、当の患者さんが満足していないという事態になりかねません。そういった意味でも、医師と価値観を確かめ合うことが想像以上に重要です。過去の実績など写真があるようでしたら、見せてもらい確認するのが無難です。小顔整形と聞くと、顔を小さくするという点から切らなくてはいけないのではないかと連想しがちです。しかし、今は切らない小顔整形も数多く出てきています。ボトックス注射や脂肪吸引など、メスを入れずに小顔になる方法はあります。また、顔を小さくするだけが小顔整形ではなくなってきています。顔が大きいと言われたことがある人も、本当は顔のサイズはそれほど大きくないのかもしれません。アゴが小さかったり、顔が全体的に平面的だったりと、顔を大きく見せる視覚的な要因を持っている可能性があります。その場合、ヒアルロン酸注射や自分の身体から吸引した脂肪を注入し、アゴを作ったりパーツにメリハリをつけたりするだけで、顔がシュッとしたように見せることができます。こちらは削ったり薬品を使ったりすることがなく、もともと身体に備わっている成分を利用しているので、副作用などの心配はありません。こういった治療方法の判別は、医師が専門的な知識をもとに導きだしてくれるので心配は要りません。もし、切るのが怖いと感じているのであれば、あらかじめ伝えておけば要望に合わせた治療方法を提案してくれるでしょう。初めての治療だと緊張もあると思われますが、自分の要望ははっきりと伝え、理想像も具体的に伝えることが大切です。