想像よりも簡単完了!小顔整形【施術を受けた後の副作用も殆どない】

治療法はたくさん進出中

顔に触れる女性

あなたの悩みはどこから

ボトックスとエラ削りはどちらも美容外科で小顔矯正に用いられる治療方法です。どちらもエラに悩んでいる人に推奨される矯正ですが、エラの性質によって使い分けられています。ボトックスは筋肉に作用する注射をする治療方法なので、筋肉質のエラに使用されます。一方、エラ削りは骨格など骨によって張ったエラのための治療方法です。筋肉質のエラは普段の食生活や噛み方の癖など、後天的に発生します。噛むときの筋肉が成長するのを抑えれば、自然とアゴがスマートになり小顔になれる仕組みです。しかしボトックス注射の効果はずっと続くわけではなく、癖がそのままの状態で生活を続けていると、効果が切れたときにまたエラが発達していきます。癖を治すというのはなかなか困難ですので、注射を継続して行なっていくのがよいかもしれません。エラ削りは物理的に骨を削ってしまうので、外科手術になります。治療に時間を要し、費用も大幅にかかる可能性がありますが、効果は永続しますので治療が終わればずっと小顔をキープできるでしょう。骨格は自力で変えることができませんので、治療が手の届く範囲ならばエラ削りを検討してみても良いでしょう。まずは美容外科で診察を受け、自分のエラがどちらのタイプなのか判別してもらう必要があります。それからボトックスなのかエラ削りなのかを決定していく流れになります。小顔整形の満足度が高いクリニックの共通点は、担当する医師の経験値に因るところが大きいです。ですので、クリニックを選ぶ際、医師のプロフィールを確認して小顔治療の実績が豊富な医師がいるところを選びましょう。小顔整形治療は、治療前にカウンセリングが行なわれ、具体的な完成図を医師と共有します。患者さん自身も理想を具体的に伝えておかないと、結果が理想と相違していた、という事態を招きかねません。慎重に話し合い、着地点を明確に定める必要があります。このとき、おそらく完成図はCG画像や図面などで示されます。しかし実際の顔は立体ですので、二次元の説明図では把握できない細かい調整が治療中に必要となります。その細かい調整は医師の力量や感性で決まってきますので、患者さん側の要求をしっかりと把握できる、引き出しを多く持ったベテラン医師のほうが安心なのです。可能であれば過去の治療の写真などを見せてもらい、自分が理想としている完成図に近い治療を行なってくれる医師かどうかを確認しましょう。また、どんなにベテランの医師でも、価値観の違いなど相性の問題が出てくるケースもあります。カウンセリングの中、何か違うなと感じる部分がある場合は、いっそ別のクリニックへ移ってしまうのも一つの方法です。